> 或る男の一日 > 本編 > プロローグ
プロローグ
きっかけ
目が覚めて、鏡を見たら、巨大な「ぬいぐるみ」になっていた。

まあいいかと思い、そのまま朝食をとり、歯を磨き、出勤した。
NiconicoPHP